唐田えりか激太り現在の姿 (4)


8月10日、東出昌大と不倫報道でメディアから姿を消した唐田えりかの現在が激太りしたことが5chで話題になっている。




唐田えりかは、スキャンダル以降「使い辛い女優」となってしまい、女優としての仕事がS激減。しかし、Netflixというネット配信サイトのドラマなら見たい人だけが食いつくという理由から女優復帰した。



もし、これで作品がヒットすれば、女優としても評価されるはず。



今回は、唐田えりかの激太りした現在について、5ch情報をまとめてみた。




■目次

唐田えりかの現在は激太り?
唐田えりか激太りした画像
唐田えりかは現在の激太りは役作り?

唐田えりかの現在は激太り?





記事内容


東出昌大との不倫騒動で一時休業状態だった唐田えりかが、体重を大きく増やし、来年配信予定のNetflix作品『極悪女王』の撮影に突入。その〝むっちりボディー〟に対し、極秘オファーも寄せられているという。




「唐田を巡っては7月26日発売の『FLASH』が、剛力彩芽らとともに7月に『極悪女王』のクランクインを迎えたと報じました。1980年代の悪役女子プロレスラー、ダンプ松本を描く作品。ダンプ役はゆりやんレトリィバァが務め、唐田と剛力はそれぞれライバルだったタッグチーム『クラッシュギャルズ』の長与千種とライオネス飛鳥を演じるとされます」(芸能記者)



同誌では、都内で同作の撮影に臨む唐田と剛力の最新写真も掲載。プロレスラー役のため、2人とも10キロ近く増量したとしている。

唐田えりか激太り現在の姿 (2)




「写真を見る限り、唐田は別人のようにむっちりした豊満ボディーに変貌しており、本気で作品に臨んでいる様子がうかがえます」(同・記者)



唐田は2020年1月、当時、杏の夫だった東出との不倫を報じられ、休業状態に突入。21年9月に短編映画で女優活動を再開したが、この『極悪女王』が本格復帰作になる見込みとされる。



「唐田は、デリヘル嬢役で今後、映画に出演するとも報じられている他、来春公開予定の短編映画『真夜中のキッス』主演も決まっています。とはいえ、東出と杏が20年7月に離婚に追い込まれたこともあり、まだ世間の声は厳しい。『極悪女王』などでの演技でイメージを回復するしかないでしょう」(芸能プロ関係者)


そうした中、本誌取材班は増量した唐田の肉感ボディーを記録しようと、フルオープンオファーが寄せられているとの情報をキャッチした。


「もともと華奢な体型でしたが、体重増でマニアにはたまらないムチムチのボディーになっています。それを知った一部出版関係者から、〝不倫騒動への懺悔も込め、今しか撮れない体を撮っておきませんか?〟という極秘オファーが唐田サイドに寄せられ始めているそうです」(女性誌記者)


清純派女優としてやっていくのは難しいと理解しており、かつ自身もカメラが趣味なので前向きだとも。何はともあれ、逆転勝ちなるか注目だ。


週刊実話web



目次にもどる

唐田えりか激太りした画像



唐田えりか激太り現在の姿 (5)


東出昌大との不倫騒動から1年半、唐田えりかが本格的に女優復帰できたのは、東出昌大に新恋人報道(グラビアアイドル・日里麻美)で、唐田えりかが捨てられたという同情の声から。



世間では、東出昌大を奪った悪女という印象があったものの、この文春の追撃砲のおかげか、唐田えりかは女優として復帰することが出来た。



また、押井守監督映画最新作 『血ぃともだち』にも、唐田えりかは出演しているが、確かに激太りというか太った印象がある。




D266BfPUcAAVNF2



年齢的にも完璧な美しさでは無い分、親しみやすく素朴さを感じるルックスも5chでは評価が高く、都会の洗練された美人というよりは、田舎の素朴な美人という印象になった。





目次にもどる

唐田えりかは現在の激太りは役作り?



唐田えりか激太り現在の姿 (6)





唐田えりかは悪質な匂わせ行為をしまくってたから世間の印象は悪いが、女優としては別。唐田えりかは少なくとも、演技の力を磨くとき。次にトーク能力、最後にメディアに露出した時、好感度を持たれるような雰囲気をつける努力をする時期。




ゆりやんレトリィバァがダンプ松本の役を演じると言われているネットフリックスのドラマ「極悪女王」で長与千種の役を演じる唐田えりかは、おそらく役作りで激太りした。



体重を増やした体で、ゆりあんと一緒に道場に通い、トレーニングに励んでいるそうだ。



役作りのためにここまでやる唐田えりかは、本気で女優として復帰しようとしている。




役作りといえば、過去に三国連太郎が役作りで健康な歯を抜いたという逸話があるほど、俳優は仕事に対して真剣。


あの堀北真希でさえ、役に合わせて髪を切っていた。

映画で余命いくばもない少女の役の時には、痩せてるのにさらに塩抜きダイエットで病弱に見えるような役作りをしたそうだ。 また、運動して筋肉もつけ、舞台稽古ジャンヌ・ダルクの稽古の時、重たい旗を振る時に何度も倒れて、周りも心配したほどだが、それを筋トレをして乗り越えた。



唐田えりかもこれからまだ批判を受けることは避けられないが、女優としてそれほど真剣に取り組んでいれば、きっと誰かが見ていてくれているはずだ。





















スポンサーサイト