バチェロレッテミニ白川はネタバレ (2)


8月15日、Amazonプライム限定配信『バチェロレッテ・ジャパン』シリーズの1日限りの特別なプログラム『バチェロレッテ・ジャパン・ミニ』が配信され、5chで話題になっている。




恋愛番組「バチェロレッテ」の参加者たちは、主役の女性を(バチェラーの場合は男性を)どんな人か知らないで参加。初対面で話して、主役を参加者たちが取り合いになって、その人間模様が面白いと評判になった。




もちろん番組への参加なので、かなり選考で絞った状態でも、いろんな目的の人がいた。番組に出て有名になりたい、自分のお店や商品を世間に知ってもらいたいなどの目的もあり、適齢期だしそろそろいい相手と出会えれば結婚してもいいかな程度の気持ちもあった。



そんなバチェロレッテミニの主役である白川理桜(『バチェラー・ジャパン』シーズン4参加者)さんは、本当に婚活をするつもりなのか?




今回は、バチェロレッテミニにやらせ疑惑が出ているので、5ch情報をまとめてみた。




■目次

バチェロレッテミニとは
バチェロレッテのやらせ破局
バチェロレッテミニもやらせ?

バチェロレッテミニとは







14日、Prime Videoによる婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』(プライム会員向けに独占配信)シーズン2のフィナーレを記念した「バチェロレッテ・ジャパン ミニ」が配信され、バチェロレッテが“真実の愛”を見つけるべく決断を下した。


中略



今回の『バチェロレッテ・ジャパン・ミニ』ではまずカクテルパーティーを開催。バチェロレッテからローズを受け取った2人のみが次のカクテルパーティー、さらにファイナルローズセレモニーに進むことができる。なお、カクテルパーティー中にバチェロレッテが気になる相手がいた場合、いつでもサプライズローズを渡すことができる。


中略

バチェロレッテは平賀の名前を呼び、ローズを渡した。惜しくも選ばれなかったねりおは「ここまで1日で変わろうと思えば変われるんだと分かったので、いい気付きの1日でした」と別れの挨拶。するとバチェロレッテは「すごく悩んで…」とこらえきれない涙を流した。ねりおの気遣いができる優しさに「すごく悩んだことは分かってほしい」と話し、握手。



続いて、真実の愛を育む相手として選んだ平賀に「ゆうくんからかけてくれた言葉がすごく私の自信にもなったし、ある意味自分を否定するようなことだったかもしれないけど、それをちゃんと受け入れるような言葉で表現してくれたこと、そうしたやりとりをもっと2人でできたら」と連絡先を渡し、優しくハグを交わした。

バチェロレッテミニ白川はネタバレ (1)


モデルプレス





目次にもどる

バチェロレッテのやらせ破局






バチェロレッテは、5chで以前からやらせ疑惑が浮上している。

2019年9月に配信された『バチェラー』シーズン3は、3代目バチェラーとなった実業家・友永真也さんが参加者であった水田あゆみさんをパートナーに選ぶも、すぐに破局。参加者だった岩間恵さんと後に結婚した。これは文春の報道によると、「台本通り」のやらせがあったと記事にしている。


ssss


文春は、番組関係者への取材をし、出演者間の会話も台本があり、友永さんがいったんは水田さんを選ぶというのも、実は番組サイドの意向だったと報道。SNSで話題になった歌手の金子実加さんが池に飛び込んだシーンも、台本通りだったそうだ。




参加者は売れないモデルなど「テレビに出たい」、「映りたい」という参加者もいたので、そういう人にとっては「やらせをしてでも目立ちたい」という気持ちはあったのだろう。実際問題、お金持ちの独身男性、女性と言っても、それが自分好みかどうかわからないまま出演が決まったので、平等じゃないと真実の愛とは違う。



女性は、結婚前提のお付き合いで男性を容姿で惚れたりする割合は少ないが、経済面は注視する枠組み。男性は容姿ありきじゃないとイメージ出来ないという枠組み。バチェロレッテとバチェラーの目的も焦点も違う。この性差には必然もあるし、歪みもある。



バチェラーでは、女子にとっては好きになる方が運びが楽なゲームだから、好きになるのは簡単。他の人よりも、真剣に向き合う覚悟があるのか無いのかを誠実に悩んでた人が、ムード作れずに落ちるので、「やらせ」という残念な形で見られる結果になってしまった。




目次にもどる

バチェロレッテミニもやらせ?


バチェロレッテミニ白川はネタバレ (3)


現時点では、バチェロレッテミニにやらせがあったとは報告されていないが、出演者であるパンサー管はかなりバラエティ番組のような行動をして話題になっている。




普通じゃ面白くないので、そういう風にわざと演じてるのか、本人の意思で演出しているのであれば問題ないが、番組側が用意した演出ならうやらせといわれても仕方ない。


dddd



今までのバチェラー、バチェロレッテは「自分に自信があり、他人に動かされない強さを持っていって、カッコイイ憧れの存在」そんな憧れの存在を複数人で取り合うという非日常に視聴者はドキドキしていた。



管理人個人的に思ったのは、バチェロレッテミニの白川さんの最後の結果も結婚を意識して選んだと言うよりも、自分の認証欲求を満たしてくれる人を選んだ感じがしてしまい、どこか一般人の合コンを見てる様な気分になってしまった。



しかし、こういった恋愛リアリティー番組をみて「やらせ」だという人はいるが、管理人は少し違うと感じた。(もちろん中にはやらせもある)



全開のような芸能人を目指す卵のような子が、売名をしたり、自分の顔を広げたりする目的で出演し、恋愛は二の次三の次。という認識でほとんどあっている。出演者も一石二鳥とか思っている人も中にはいるはず。



そこから、その恋愛に対して「どのくらい向き合うか」が本人次第。

やらせだと言いきれない訳としては、恋愛リアリティー番組を通して2年以上の交際をしているカップルがいたり、結婚するカップルがいたり、そうしているのを見ると「やらせではできない」感情が生まれるのかもしれない。












スポンサーサイト